profile

プロフィール

HiroHirotaka ヒロ ヒロタカ(安原弘高)
ーArtist, painter, wood sculptorー(アーチスト、画家、木工作家)

 
Date of Birth: August 22, 1971
Currently resides in Japan

生年月日: 1971年8月22日

出身地: 静岡県浜松市

現在、桑名市在住

 

主な展覧会

2001年 全日本アートサロン絵画大賞展

2002年 全日本アートサロン絵画大賞展

2003年 天理ビエンナーレ、transit2003(市民ギャラリー矢田)、一日だけの個展(名古屋造形芸術大学)、中部行動展(2003年〜2011年)、名古屋造形芸術大学選抜展(名古屋市瑞穂区)

2004年 行動展(2004年〜2011年)、行動美術協会新人選抜展(東京新宿紀伊国屋ギャラリー)

2005年〜2008年 中部総合美術展

2011年 都市型アートイベント sebone(豊橋市水上ビル)、行動美術協会会友推挙

2012年 Yojo-Hanアートセンター立ち上げ、ペチャクチャナイト名古屋出演、ギャラリーgohon二人展(名古屋市本郷)、 woodland gallery2012 (美濃加茂市民ギャラリー)、カモシカ音泉蚤の市(三重県湯の山温泉)、  gohon展(アートラボあいち)

2013年 woodland gallery2013(美濃加茂市民ギャラリー)、  sake+satoe展 in Bangkok, Thailand

2014年 美濃加茂annual

2015年「自作したカヌーは運河に浮かぶか」(中川運河リミコラインアートプロジェクト)

2016年 国際写真展(タイ、バンコク)
2016年「中川運河造船所プロジェクト」「中川運河芸術さんぽ」(中川運河リミコラインアートプロジェクト)

2017年 iroとりどりマーケット出店(春、秋、稲沢市)
「中川運河堀止芸術村」(中川運河リミコラインアートプロジェクト)

2019年 長者町アートファーミング(愛知トリエンナーレ連携企画)「大人食堂」開催

2020年 アートファーミングTV放送開始

2022年 黄金4422BLD個展&大人食堂第6回

 アートファーミングTVイベント企画(国際芸術祭愛知2022連携企画事業)

2023年 個展(ギャラリー寺町)and 大人食堂第7回

2023年 CROMOCOM@RT  at M.A.D.S gallery in Milan Itary
2023年 カンカク展(福岡アジア美術館)
2023年 錦二丁目長者町ゆかりの作家展(喫茶七番)

 

主な受賞歴

全日本アートサロン絵画大賞展佳作

中部行動展新人賞、佳作賞、東海テレビ賞、優秀賞

行動展新人賞、天理ビエンナーレなど

 


絵画教室gajiku代表  

木工lab mopulu代表
アートセンターYojo-Hanディレクター
長者町スクールオブアート副会長
中川運河リミコラインアートプロジェクト実行委員会
Youtubeでのコンテンツ配信や、NFTでの作品販売、美味しいものを食べるイベント「大人食堂」の開催や、小学校で「美術のお話」をする講演会なども行なう。
アーティスト、画家、木工作家として活動中。

He also distributes his contents on Youtube, sells his works at NFT, holds "Otona Shokudo" events where he eats delicious food, and gives lectures "about art" at elementary schools.
He is active as an artist, painter, and woodworker.


’神、戦争、外来種を切り口に他者と生きる道を探る‘

かねてからコミュニケーション(対話)をコンセプトに据えた制作を続けている安原は、人と人を繋ぐ公衆電話のモチーフから始まり、最近は時代との対話に移行し、戦争もその範疇に入れてきた。
そしてここ2年ほどは目に見えない神が題材となる。
親しみやすさから選んだのが七福神だが、あのお決まりのニコニコ顔ではない。穴の空いた枯葉にも、ハロウィンの仮面にも見える。だが隙間だらけの殻はまさしく姿の見えない神の通り道で、軽やかに迷い込んでしまい悩み事を吐き出させてくれそうだ。何よりその小窓の赤に誘われ、補色の緑との相乗効果で引き立つ赤が、昔の夜店でよく見かけたカーバイトの火を思い出させて懐かしい。
既に次の題材である「日本にはなかった筈のもの」としてサボテンを描き始めたという。
気候変動の問題も絡めて他者とどう生きるか、アートを越えた人類の課題をも投げかけてくれる。

 ー八島正明ー


 

Through a rather peculiar technique, using acrylic paint and oil pigment that he drips into the interstices 

that form the outline of the image, the artist creates images deeply divided by a fracture that horizontally 

cuts the work in half. Each part of the work contains its own unique representation of the cactus going to 

create a mirrored representation but one that is, in fact, reflective of nothing at all. The plants, which 

seem to mirror each other, have the same formal characteristics, the same structure, the same structural 

conformation. Yet, although they look very similar, the two cacti seem to be composed of contrasting 

elements, of colors that are almost complementary. In a word: they are two different entities and so they 

must remain. Although the two cacti, like two souls, touch each other along this black dividing line, the 

two plants remain anchored to what they really are, without undergoing changes and mutations in their 

encounter with each other. They realize that they are very similar, that they have the same physical 

conformation and yet, in their souls they are so different, almost as complementary as the colors that 

characterize them. And therein lies the beauty. Neither cactus overpowers the other, and both realize that 

they are extremely similar, that they belong to the same species. Yet, just as it happens with human 

beings, each of them has its own uniqueness inside, its own soul that is completely different from that of 

the other as unique beings. These cacti, are just like us: we meet each other, we desire to communicate 

with each other, we assimilate new elements, new cultures and enrich who we are with new discoveries 

and relationships. Yet, our soul will remain as it is in that it cannot be changed. It is something unique 

and unrepeatable of its kind, and that is the beauty of it. 


Art Curator Lisa Galletti

絵画教室gajiku

絵画を楽しむ、美術に親しむ教室。

木工lab mopulu

木工を楽しむ、美術に触れるスペース。

大人食堂

そんなに高価じゃなくても、ちょっと美味しいかも、、ちょっと体に良いかもをテーマに行う食のイベント。

Yojo-Han アートセンター

小さな空間の中で、いかに多層的にアートを楽しめるかを実験している場所。

長者町スクールオブアート

大人がアートに触れ、学ぶをテーマに行われているスクール。

中川運河リミコラインアートプロジェクト

アートに触れながら、中川運河を理解し、中川運河で遊ぼうというプロジェクト。